60代の男性心理とは?

スポンサーリンク

ここでは、「60代の男性心理」についてお話します。

 

男性はいくつになっても子供のような心をもっています。

 

年齢を重ね、父になり、そしておじいちゃんになっても、
求めるものは代わらないのです。
そんなシニア世代の男性心理を覗いてみましょう。

 

60代の男性が妻に求めること

 

長年連れ添った夫婦が、定年を向かえ
仲むつまじく暮らしている姿には憧れますよね。

 

しかし、パートナーに内緒でこっそり本音を聞いてみると、
意外な答えがかえってきました。なんと、

 

全体の40パーセント近くのシニア男性が、
パートナーに求めるものは「外見」と答えたのです。

 

女性側も、いつまでも若くはいられないですし、
ありのままの姿を愛して欲しいですよね。

 

しかし、シニア男性は、自分の老いを感じ、
相手には若さや美しさを求めるようになるようです。

 

流行の?年の差婚

 

最近よく聞く、年の差が10歳も20歳も
離れているカップルが結婚する、年の差婚。

 

30代や40代の独身女性は、
おばさんと言われることが増えてきますよね。

 

しかし、60代シニア男性からは、
若〜いお姉ちゃんと思われて、

スポンサーリンク

気分がいいです。それに加え、それなりの地位や
お金のある男性との年の差婚。

 

魅力的に感じることもあるのではないでしょうか?

 

シニア男性は若さとパワーを女性からもらえるわけで、
周りの注目も集められますし、需要と供給は合致していますね。

 

初恋ノスタルジー

 

頑張って働いて生きてきて、やっと一息ついた60代に、
男性は何を思うのでしょうか?

 

「初恋の相手をふと思い出すことはありますか?」

 

というアンケートをしました。

 

その結果、元気でいるだろうか、
彼女は僕の青春だった、あの頃の君はとても綺麗だった、

 

などとノスタルジーな気持ちに浸るのは、
60代の男性が最も多いそうなのです。

 

男性は、いくつになってもロマンチックな心をもっているのですね。

 

60代男性は、戦後に生まれ、
右肩上がりで成長する日本で育ちました。

 

日本を引っ張ってきたという自負がある、団塊世代です。

 

その強烈な自意識のために、
世間一般からは疎まれることもあったでしょう。

 

それだけの人生では、寂しいですよね。

 

60代男性は、知らぬ間に癒しを求めているのかもしれません。
貴女から、そっと寄り添ってあげたら、彼は喜ぶかもしれません。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加