電話をかける男性心理の理由とは?

スポンサーリンク

ここでは、「電話をかける男性心理」についてお話します。

 

男性は、どちらかというとメールやLINE(ライン)が苦手で、
伝えたいことがあるときは、主に電話を利用するものです。

 

それでも電話すら苦手な男性もいるわけです。

 

気の無い女性に、用も無いのに
電話をかけるなんてまずないでしょう。

 

彼から頻繁に電話がかかって来る、いつも長電話だ、
といった場合は脈ありかもしれません。

 

今回はそんな電話をかける男性心理の
理由についてお話します。

 

お酒に酔ってるから!

 

彼が寄っているときに、
貴女に電話をかけてきたことはありませんか?

 

お酒に酔って、いつもより開放的な気分になっているときに、
貴女の顔が浮かんで、声を聞きたく
なってくれたのならば、嬉しいですよね。

 

お酒の力を借りて、貴女に
アプローチしている可能性大です。

 

酔っている時には、本音で話す事が出来ます。
逆に言えば本音で話したいから、電話をかけたのです。

 

ただ単純に寂しくなったから!

 

もし貴女が、彼にとって良い友達ポジションにいる場合、
彼が落ち込んだり寂しくなったとき、貴女に電話するでしょう。

 

そのときは単に話しやすい相手だから、
といった理由かもしれません。

スポンサーリンク

弱い心を見せられるのは、貴女に気を許している証拠です。

 

彼がグチを言ってきたら嫌がらず、
全部吐き出させてあげてはいかがでしょうか?

 

そこで親身に彼の話を聞いてあげれたら、
貴女は彼の想い人へと格上げされるかもしれません。
小さなチャンスを逃さないようにしましょう。

 

心配して欲しいから!

 

意味のわからない行動をとっている自分を見て、

 

「大丈夫?」

 

と声をかけて欲しいのです。

 

男性は、心配されると相手に母性を感じ、
て無条件に安心するのです。翌日や次に会った時に、

 

酔って電話をかけてしまった事を口実に、
談笑するのもまた目的だったりします。

 

男性は居心地が良い空間を
作ってくれる女性に強く惹かれます。

 

自分が気持ちよく、楽しく過ごせる場所を
つくってくれる女性のもとへ
帰りたいと本能で思っているのです。

 

ふと電話をかけた時に無理なく会話が弾めば、
それは充分、恋に発展する要素になるでしょう。

 

小さな恋の芽を見つけて、
2人で育てていけたら素敵ですね。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加