ご飯に誘う男性心理で言い方とは?

スポンサーリンク

ここでは、「ご飯に誘う男性心理で言い方」についてお話します。

 

男性から食事に誘われた時、
どういった心理で貴女を食事に誘ったのか、
考えたことはありますか?

 

職場の上司や同僚などからしたら、
たまたま貴女がそこにいたので誘った。

 

友達として、ただ単に食事をしたかったという場合もあります。

 

しかし、面倒を嫌う、プライドの高い男性が、
まるで興味の無い女性を誘ったりするのでしょうか?

 

きっと多くは、何かしら目的をもって
女性をごはんに誘っているはずです。

 

目的が何かを知るには、
彼本人に聞いてみないと分かりません。

 

そこで今回は、女性を食事に誘う
男性の心理をご紹介したいと思います。

 

なんだか遠まわしに誘ってくる

 

プライドが高い男性は、自分から食事に誘って、
断れたりしたら嫌だから遠回しな言い方になります。

 

もしも女性から断られても、
別に自分もそこまで食事に行きたいわけでもないし、
とごまかせるからです。

 

断られなかったとしても、
実際会っている時は強気な態度の男性は、
やはりプライドが高いのでしょう。

 

もし、そのまま女性から振られても、
こういう男性は強がって平気なふりをするかもしれません。

 

いずれにせよ、貴女に好意があるサインですから、
嫌でなければ優しく彼のペースに乗ってあげましょう。

スポンサーリンク

「今度食事に行こうね」と「今日食事に行く?」の違い

 

「食事に行こうね」

 

というのは、貴女の予定に配慮しているか、
貴女から断られるかもしれないので
曖昧な誘い方になっていた状態です。

 

ところが、

 

「食事に行く?」

 

ですと、自分は時間があるから、
とりあえず誘ってみたという感じの、自分中心的な言い方になっています。

 

貴女の時間が空いているのなら、
食事に一緒に行ってあげても良い、
誘えば断られないであろうといった余裕が見えます。

 

何かのきっかけで、貴女が自分に好意があると知ったので、
安心してはっきり誘うようになったのではないでしょうか?

 

男性から食事に誘われたからといって、
相手が自分を好き、とは限りません。

 

特に仕事関係や、同じ職場での雰囲気を良くするために、
食事に誘おうとする男性が少なからずいるからです。

 

どんな理由で誘われているのか、
勘違いせず、見極めることが大切です。

 

貴女が彼に対してもし少しでも好意がある状態なら、
食事は2人の関係を発展させる大きなチャンスになります。

 

逆に貴女にその気が無いなのら、
しっかり断って、無理に行く必要は、ありません。

 

恋愛に発展させるためには、常に今の自分を評価してもらい、
ゆっくり展開させることが大切なのです。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加