男性心理で本命の電話とは内容ではなくて長さと頻度!

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理で本命の電話の内容」についてお話します。

 

男性心理で「電話」と「携帯電話の違い」とは?

 

まずはじめに、これは男性心理に限ったことでは無く、
恋愛を始めとした一般社会に、携帯電話の普及が、
どれほど世相を変えてしまったのか?という話から始めます。

 

これも、私の体験談となってしまうのですが、
私と主人が知りあったのは、実は1985年の
出来事だったのです。

 

その頃は「携帯電話」はおろか、やっと「プッシュホン」の
公衆電話が普及しはじめた頃でした。

 

主人の家では長電話が禁止でしたので、近くの公園の
「ピンク電話」へ行って、10円玉を何十枚も用意して
私と毎日のように、他愛も無い、今日の出来事などを話していました。

 

また、携帯電話の普及は、ドラマや、歌謡曲の歌詞の内容も
大きく変えてしまいました。
「ダイヤル〜廻して〜目を閉じた〜♪」
などという歌を聞いても、今の若い人たちには、意味が通じません。

スポンサーリンク

要するに「すれ違い」や「連絡を待つ」ですとか、
そういった、恋愛のドキドキ感が、今ではまるで
なくなってしまったのです。

 

男性心理で本命の電話の内容とは?

 

男性心理での本命とは「男性心理 本命 2回目デート」でも
お話させて頂きましたが「結婚したいほど好きな女性」のことです。
けれどもだからといって、「好き」とか「愛してる」を
連発して会話をする訳ではありません。

 

男性心理で本命の電話の内容とは、ズバリ「長電話」です。

 

愛しているからこそ、会話が途切れません。
今日起こった、面白い出来事や、悲しかったこと、
楽しかったことなどを、延々と毎日2時間位は、話すのです。

 

本当につまらなくて、他の人がそばで聞いていたり、
公衆電話であれば、後ろに並んでいる人が、本気で怒りだしてしまう位の
「長電話」をするようになります。

 

ですから、男性心理で本命の電話の内容とは、
「つまらない、日常の出来事」というのが正解で、
そして、心の底から彼氏が貴女のことを愛しているからこそ、
毎日「長電話」が続くのです。

 

「長電話」しないと「本命」ではないの?

 

だからと言って、私と主人が知りあったのは、
まだ19歳の頃でしたので、本当に毎日がヒマでした。
ですから長い夏休みには、主人も私もアルバイトをしていました。

 

だから貴女の彼氏が社会人の男性で、会社かどこかにお勤めでしたら、
そうそう、毎日「長電話」しているヒマなど無くて当たり前です。
ですから「短い電話」でも、彼氏が毎日電話をかけて来るならば、
貴女は立派な「本命」なので、どうかご安心して下さいね。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加