男性心理でメールで駆け引きする方法とは疑問符で文章を終わらせる!

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理でメールで駆け引きする方法」についてお話します。

 

メールで駆け引きをするのは女性だけではありません。
男性もまた好きな相手との関係を進展させるために
駆け引きするケースが多いです。
しかし、男性心理を知ることで逆に相手の駆け引きを逆手に取ることもできるのです。

 

疑問文で終わるメールが多い!

 

これは基本的な恋愛におけるメールテクニックです。
普段友人としている何気ないメールとは違い、
好きな相手になればなるほど話題の選別は難しくなります。

 

そこで、簡単に相手からの返信が期待できる方法として
最後を疑問文で終わらせるのです。

 

するとその質問に対して返信することになるため、
メールが終わらないことになります。
また話題作りにもなるためこれを実践する男性は非常に多いです。

 

自分の印象を強めるような内容が多い!

 

これはアピールのために利用している男性が多いです。
例えば「○○ちゃん可愛いよね」のように嫉妬心を煽るタイプ。

スポンサーリンク

ほかにも「最近ちょっと色々嫌なことがあって」と
あえて自分の弱みを見せるような内容のメールを送る男性もいます。

 

これらは、自分への印象付けに行われます。
何気ないメールのやり取りよりも、
相手の弱みを聞いたり相談に乗るような内容の方が
印象に残りやすい傾向があるからです。

 

また、自分に自信のある男性は
わざと嫉妬心を煽ってくるような言動をする人が多く、それはメールでも同じです。

 

返信が遅い!

 

「すぐに返信すると肉食系のように見える」

 

ということで返信をわざと遅らせる男性がいます。
これを見極めるポイントは、メールの間隔です。
最も単純なのは、一定時間で必ずメールが来るというパターンです。

 

誰だって好意を持っている相手とのメールは続けたいもの。
そこを駆け引きであえて遅らせているわけですが、
結局我慢できなくなってしまい返信してしまうというパターンです。

 

こういう男性の場合は大体20分、30分など一定のペースで返信が来ます。
もし彼のメール返信が遅い場合、
一定のテンポで返信が来るのならば
駆け引きされている可能性がかなり高くなります。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加