男性心理でストローの間接キスをする時は姉妹がいて慣れているかも?

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理でストローの間接キスをする時」についてお話します。

 

間接キスの中でも、ただカップに口を付けただけと
ストローでは女性側が受ける衝撃もまた異なります。
カップの場合はどこに口を付けたかわからなくても、ストローの場合は明確です。
では、ストローで間接キスをする男性心理についてご説明します。

 

自分に自信がある!?

 

まず、ストローで間接キスをする男性の多くは自分に自信があります。
相手が自分のことを拒否する可能性を考えず、
100%大丈夫だと考えていると推測できます。

 

なぜなら口を付けるという行為は慣れている人であっても
初対面の人間と行う行為ではないからです。
もちろん災害に遭った時に誰かと分け与えるという状況では話は別です。

 

しかし、一般的に間接キスを行う相手というのは
相手との関係が確立されている状況です。
つまり、彼は貴女との関係がある程度確立していると自信を持っています。
それが、恋愛感情を含まなくてもです。

スポンサーリンク

ただの嫌がらせも考えられる!

 

しかし、ただの嫌がらせということも考えられます。
実際、男性から見て素敵な女性のストローというのは魅力的に見えるもの。
そのため、「ついやってしまった。」という事例も少なくはないのです。

 

しかし、女性にとって好きでもない男性が
自分の使っていたストローを使うというのは
非常に嫌悪感を感じる行動です。

 

それをわかっていながらやってしまうというのは
無神経な男性であることが多く、
時には大きな問題に発展することもあるため要注意です。

 

姉妹がいると慣れてしまっているかも!?

 

普通であれば、異性が使ったストローに間接キスをするというのは
少なからず相手のことを意識するシーンです。
しかし、中には全く意識しない男性もいます。

 

その行為に慣れてしまっているパターンです。
特に姉妹がいる場合は日常的に行うこともあるため、
家族以外の女性に対してもつい癖でやってしまうケースもあります。

 

そのため、ストローとはいっても女性として
意識されているかどうかは判断できないケースが多いのです。
気になる相手にされた場合は家族構成や元々の性格でも判断してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加