男性心理でボディタッチは好意のサインではなく癖になっている場合も

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理でボディタッチは好意のサインなのか」についてお話します。

 

好きな男性からボディタッチをされると、
「この人は私に好意があるのかも!」と期待してしまう女性が多いです。
しかし、男性は一筋縄ではいきません。

 

男性心理を知ることで、
何故ボディタッチをしてくるのかを読み取る必要があるのです。

 

好意のサインをアピール!

 

単純に、好意があることをアピールしているケースです。
中にはアピールではなく、無意識のうちに触れてしまっているということも。
男性は誰しも好きな女性に触れたいという気持ちを持っています。

 

そのため、無意識でボディタッチをしてしまう男性も少なくはありません。
また、近年では恋愛系のハウツー本も多く出版されています。

 

その中に自分を強く意識させる方法として
ボディタッチを取り上げている本もあるのです。
そのため、意図的にテクニックとして使用しているケースもあります。

スポンサーリンク

元々の性格や環境が影響している場合もある!

 

あまり女性が得意でないタイプと、
周りに女友達がたくさんいるタイプで比べてみると、
後者タイプの方が圧倒的にボディタッチを行います。

 

これは女性として意識しているしないの問題で、
そもそも重要な事柄だと認識していないからです。
女性が多い環境で生活をしていると、
自然と間接キスやボディタッチに対して抵抗が無くなります。

 

それを身近な女性に対しても気軽に行う男性もいるので、
女性からしたらドキドキしてしまうのは当然ですが
一度冷静に考える必要があるのです。

 

そこで、周りをしっかり見てみます。
もし彼が貴女だけにボディタッチを行うのであれば
好意があると考えても良いですが、同じように親しい女性に対して
平等に行うのなら癖のようになっていると考えましょう。

 

ボディタッチが嫌な場合は?

 

女性の中には、男性からのボディタッチが嫌だと考える方も多いです。
もし好きな相手だったとしても、
関係がハッキリしないままそうされるのは嫌だと考えてしまうのです。

 

これは、女性の方がハッキリとした関係の答えを求める傾向にあるからです。
好意がある相手なら自分からもサインを送れば良いのですが、
嫌な場合は断る勇気を持つことも大切です。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加