男性心理で間接キスは好意の証しとは限らない!特に体育会系はご注意

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理で間接キスは好意の証しなのか」についてお話します。

 

暑い夏休みのテニスコート。
新入部員の貴女が、素振りの練習を終えて、ベンチで一休みして、ペットボトルの
スポーツドリンクを飲んでいた、と考えて見て下さい。

 

その貴女の隣に、あこがれの男子テニス部のキャプテンが座って、
「どう?部活慣れた?あっ、それ、俺にもくれる?」と言って、貴女の手から
ペットボトルをつかみとって、何も無かったように、ゴクゴクと飲みだしました。

 

貴女は心の中で「キャー、これって、間接キス!?」だと、喜んでしまい
ニヤニヤ笑ってしまいました。
ところが・・・。

 

その彼は何食わぬ顔で、
「サンキュー、熱中症に気をつけろよー。」と言い残して、
立ち去ってしまったのでした。

 

貴女は、しばらく唖然としたあと、
「先輩と間接キス・・・。」と言いながら、ペットボトルの残りのドリンクを
口を付けて飲んでしまうのでした・・・。

 

こんなシーンは、よく少女漫画で出てきそうなシーンですよね?
けれども男性心理では、好意を持っていない女性とでも
間接キスをして、何とも思わないのでしょうか?
今回はこの男性心理で間接キスのお話しをしていきます。

スポンサーリンク

「体育会系男子」と「文化系男子」とでは感受性が異なります!

 

これは、個人差があって必ず、どの男性心理にも当てはまるとは言えないのですが、
一般的に「文化系男子」の方が「体育会系男子」より、感受性が高いと言えます。
そして、それは異性に対する心理や、態度にも露骨に現れてしまいます。

 

ですから、前述した男子テニス部のキャプテンは、
貴女のことをもちろんキライな訳ではありませんが、決して好意を寄せている、
などと、早とちりをしない方が賢明なのです。

 

男性心理で間接キスは好意の対象外なの?

 

しかし、早とちりもいけませんが、男性心理では、たとえ「体育会系男子」でも、
まったく気にかけていない女性の前に、一人で近付いて来ることは、まずありません。
また、かすかな望みかもしれませんが、貴女と間接キスがしたくて、
話しかけて来た可能性も、ゼロだとは言えないのです。

 

特に最近の若い男性は「草食系男子」という言葉が示すように、
「運動部のキャプテン」であっても、人格的には、感受性が高い男性も多いのです。

 

ですから、貴女が今度彼に会った時、
「先輩、この間は、間接キスかと思って、ドキドキしちゃいました!」と
素直に明るく、言ってみて下さい。

 

もし、少しでも照れるような素振りを見せたのなら、脈があります。
けれども、まったく覚えていなかったのなら、残念ながら彼は、
貴女のことを「ただの、新入部員。」だとしか思っていなかった証拠ですので、
深追いすることは禁物ですね。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加