男性心理で好意の言葉は女性へのサイン!でも好き避け男性には注意!

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理で好意の言葉は女性へのサインなのか」についてお話します。

 

学校や職場で気になる男性から好意的な言葉をかけられると、
「もしかしたら私のことが好きなのかも?」なんて、
思ってしまって、うれしいけれど、チョッピリ恥ずかしい
気持ちになってしまいますよね?

 

そこで、男性心理で好意の言葉で、貴女が好きだという
サインを送って来る場合を見ていきましょう。

 

男性心理で好意の言葉とはどういう言葉なの?

 

まずはじめに「好意の言葉」と言っても、ピンからキリまであります。
例えば毎朝「おはよう!」と、必ず声をかけて来る男性っていますよね?
でも、それだけでは「好意の言葉」とは呼べません。

 

「好意の言葉」とは、他の女性には言わない言葉で、貴女にだけ特別に
優しい言葉をかけて来る内容でなければならないのです。

 

具体的に「好意の言葉」って何?

 

そりゃあ直接的に言えば「君のことが好きだよ」ですよね?
でもそれはもう「告白」の段階まで来てしまっていますので、
ここで言う「好意の言葉」ではありません。

スポンサーリンク

では、「好意の言葉」を具体的にお話しますと、
それは、間接的でありながら、貴女に好意があるからこそ、
会話の中でつい男性が口にしてしまう、言葉のことなのです。

 

具体的に言いますと「男性心理 好意 言葉 内容」でもお話しましたが
まずはじめに、貴女のプライベートな部分を質問して来ます。
例えば「何人兄弟なの?」ですとか、

 

「お父さんはどういう仕事をしてるの?」
ですとか、貴女のことを好きだからこそ、もっと貴女について
たくさん知りたいという、心理状態になってしまうのです。

 

逆に「好き避け」の場合もある?

 

ところが、最近話題の「草食系男子」ですと、貴女のことが好きに
なってしまったので、逆に意識して「好意の言葉」が出てこないという、
ケースもあるので、注意が必要です。

 

例えば、今までふつうに会話を交わしていた男性が、急にうつむいて、
話をあまりしてくれなくなってしまった、というケースですね。

 

けれども、もし貴女が彼に好意を持っているのであれば、
こちらからアプローチをかけてあげれば、すぐに仲良くなれますので、
積極的に「好意の言葉」をかけてあげましょう。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加