男性心理で好意のライン(line)はグループよりも個人を優先してくる

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理で好意のライン(line)はグループでは無い事」
についてお話します。

 

気になる男性とLINE(ライン)を交換。
脈アリのように感じても、実際に本当に好意があるのかわからない。
これはLINE(ライン)が普及した近年独自の悩みです。
そこで、好きな相手に対してどんなLINE(ライン)を送るのか男性心理をご紹介します。

 

意味の無い内容でも付き合ってくれる

 

LINE(ライン)はメールに比べて暇つぶし感覚で利用しているユーザーが多いです。
そんな暇つぶしに付き合ってくれるかどうかというのは大きな基準になります。
例えばただスタンプや顔文字だけを送信したという内容。

 

好意を持っていない相手の場合は面倒に感じてしまうこともありますが、
好きな相手となると話は別です。
こんな些細な内容でもしっかり返信したり付き合ってくれるというのは
好意がある証拠です。

 

もし彼の好意が知りたいという場合は、暇つぶしに簡単な内容を送ってみて下さい。
それに対してある程度の時間付き合ってくれる場合、
かなりの確率で好意を持たれています。

スポンサーリンク

個人的な内容が多い!

 

共通の話題があっても、個人的な内容ばかり送ってくる男性もいます。
彼らは、「もっと自分のことを相手に知ってほしい」と考えているのです。

 

男性心理の観点からすると、特に自慢できるような内容ほど
好意を持たれている可能性が高くなります。
それだけ相手によく見られるような会話を意図的に選んでいることがわかるからです。

 

グループよりも優先してくれる!

 

非常にわかりやすいのが、グループよりも個人の方を優先してくれることです。
気になる男性と同じグループに入っているという場合、
グループLINE(ライン)が活発的でなおかつ相手も参加しているという時に
個人メッセージを送ってみるとわかりやすいです。

 

グループで会話をしていても好きな人からの連絡があれば
多くの人がそちらを優先するからです。
これは男性だけではなく女性も同様です。

 

また、他の人に隠れて二人でメッセージの
やり取りをするとちょっとした緊張状態になり、
より関係を発展させるきっかけにもなります。

 

逆に男性からこっそりメッセージが来る場合、
大きな好意のサインだと考えることができます。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加