男性心理で好意がある連絡の内容とは大きく2つのタイプに分かれる!

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理で好意がある連絡の内容」についてお話します。

 

プライベートな連絡というのは、相手の気持ちが気になるシーンが多いです。
デートに誘われるなど直接的な表現だけではなく、
暇つぶしのような内容で連絡をしてくる男性もいるでしょう。

 

では、男性心理を考えた際に連絡があるというのは
好意とみなしても良いのかまとめてみます。

 

連絡が頻繁にある=恋愛感情があるとは限らない!

 

もし彼には女性の友人が多くいるにも関わらず、貴女にばかり連絡してくるという場合。
自分は特別ではないかと思ってしまうことが多いのですが、
連絡の回数が多いからといって恋愛感情があるかどうかは別の話です。

 

性別が違っても気の合う友人として認定されてしまっている可能性が高くなります。
もし普段から共通の趣味などで会話する機会が多ければ
その可能性はより高くなるでしょう。

 

逆に共通の趣味などが無い、普段から盛り上がるようなメールや
電話をしないのに連絡が来るという場合、アプローチの可能性は高くなります。

スポンサーリンク

連絡の内容で好意の内容を読み取ることは可能?

 

実際には難しい問題です。
なぜなら、モテる男性ほどメールの内容はそっけないことが多いからです。

 

好きな人からの連絡は嬉しいけれど、
「そこまで関係が発展してないのに毎日連絡のやり取りをする男性」を
女性は嫌う傾向にあります。

 

そのため、連絡ではそっけないけれど会った時には
好意に感じるサインを示してくれる男性の方がモテます。

 

男性心理で好意がある連絡の内容とは?

 

それは、男性心理を深く理解することです。
連絡の回数だけではなく、その質で読み取る方が確実なんです。
頻繁に連絡が来るという場合、大きく分けて2つのタイプに分類されます。

 

・メールや電話の中では「可愛いね」「付き合ってみたいな」などと
口説くような言葉を使うのに、会って話している時はそういった話をしないタイプ。

 

・メールや電話では世間話のような一般的な話題でも、
会った時には好意があるようなサインを送ってくるタイプ。

 

もし貴女の気になっている彼がどちらかのタイプなら、
好意を持たれている可能性が高くなります。
なぜなら、これこそが本気になっている男性が取りやすいパターンだからです。
逆に、いつでも口説いてくるようなタイプは逆に本気ではないことが多いです。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加