男性心理でメールがそっけない時とは別れのサインなのかもしれない!

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理でメールがそっけない時」についてお話します。

 

「良い感じに見えたのに、メールはそっけない。これってやっぱり脈ナシ?」
こういったお悩みを抱える片思い女性は実に多いです。

 

なぜなら、会った時には好意的なのに
メールとなるとそっけないというパターンは
男性心理において定番なのです。
では、実際そっけないメールを送る男性心理についてご説明します。

 

今さら元々メールが苦手!?

 

まず、元々メールなど文章を考えるのが苦手というパターンです。
女性に比べて、男性の方がささいな
メールに反応してくれる確率は意外と高いもの。

 

しかし、内容に関しては薄いリアクションが多いのです。
つまり、男性の場合は「質よりも量」タイプの人が多いということです。
そのため、好きな相手とのメールでも
一定のテンションになってしまうということです。

 

このタイプはそもそも文章自体が苦手なので、
電話の時には高いテンションで話をする人が多いです。

スポンサーリンク

今さら駆け引きをしている!?

 

男性向けの恋愛ハウツー本では、これはおなじみのテクニックです。
もし彼とのデートが成功した後にそっけないメールを送られたら、
「あんなに楽しいデートだったのにメールはそっけないし、
何を考えているのかわからない!」と思う女性が大半。

 

しかし、この「わからない」こそがポイントなのです。
わからないからこそ相手を知ろうとする、
相手のことを考えてしまうという女性心理を利用されていることになります。

 

そもそもモテる男性というのは、メール自体はそっけないという方が多いです。
だからこそ会った時の優しい言葉が大きなインパクトになるのです。

 

別れのサイン!?

 

残念ながら、もう好意を持たれていないことも考えられます。
また、普段は楽しくやりとりをしているのに急にそっけなくなったという場合、
彼に貴女以外の気になる女性ができてしまったパターンもあります。

 

なぜなら、もう付き合っているので罪悪感を感じてしまう男性が多いからです。
こうなってしまったら、メールがそっけなくなるのも当然でしょう。
彼からの「別れのサイン」だと受け取って、素直に身を引くのも
仕方が無いことなのです。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加