男性心理で元カノから連絡があった時は好意が残っていれば復縁かも?

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理で元カノから連絡があった時」についてお話します。

 

すでに別れてしまった男性に対して連絡をするのは、
少々緊張するシーンでもあります。
そこで元カノから連絡が来た時、男性はどのように思うのか
男性心理を複数のパターンでご紹介します。

 

好意が残っている場合

 

復縁を考えるのは女性だけではありません。
男性も復縁したいと考えている方もいます。
しかし、実際に関係を戻すというのは、何かきっかけを必要とします。

 

そのきっかけを素直に作れる、受け止めることができるカップルならば
関係の修復は容易ですが、そうでない場合は労力を必要とします。
実際、新しく交際を始めるよりも関係を戻す方が大切だからです。

 

男性の場合は女性よりもその過程であきらめてしまう人が多いです。
そのため、好意が残っている元カノから連絡が来たらもちろん喜ぶはずです。
貴女からの連絡に対して明るい答えが返ってきた場合、
彼とやり直せる確率は高くなります。

スポンサーリンク

友達として考えている場合

 

一番わかりにくいのがこのパターンです。
「別れても友達でいたい」というケースは、
別れた際に女性へのダメージを軽減させるため、
優しい言葉を選んでいるケースもあるからです。

 

そのため、言葉そのまま受け止めてしまうのは少々危険です。
もう嫌で関わりたくないと思っている相手でも、
つい相手への思いやりで優しい言葉を使ってしまう
男性もいるということを最初に覚えておく必要があります。

 

男性心理としては、「友人だから問題無い」とハッキリ区別できる人は少ないです。
やはり別れたとはいえ元恋人だと特別な感情を抱いてしまうからです。

 

遠距離になってしまうなど特別な事情が無く喧嘩別れなどをしてしまった場合は、
ある程度時間を置いてからにしないと別れた時の
マイナスな感情を思い出してしまうのです。

 

嫌いになってしまっている場合

 

別れた女性を嫌いになるというのは特別なことではありません。
喧嘩をした、傷つけられたなど嫌な思い出が残っている場合は
元カノからの連絡が重荷に感じるという男性が圧倒的に多いです。
この場合はある程度時間をかけて、徐々に嫌な思い出を風化させる必要があります。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加