名前を呼ぶ時の男性心理とは下の名前で呼ぶ時は好意がある証拠です!

スポンサーリンク

ここでは、「名前を呼ぶ時の男性心理」についてお話します。

 

男性心理で名前の呼び方とは?

 

人間には必ず自分の名前というものが存在します。
苗字と下の名前に分かれ、生まれてから小学生に上がるころまでは下の名前を呼ばれ、
小学生から社会人になるまで、多くの場合は苗字で呼ばれています。

 

このころ下の名前を呼ぶのは家族か、親友か、
または男女間のなかに限定されてしまいます。
今回はその中でも男女間の名前の呼び方についてお話していきます。

 

ちゃん付けで名前を呼ぶ男性心理とは?

 

男女が普通名前を呼ぶと、下にさんをつけて呼んでいきます。
これは普通のことですが、男性がちゃん付けで名前を呼ぶことがあります。

 

この場合、会社の上司のような年上の男性であれば
女の子だからちゃんをつけて呼ぶといった、いかにも男性主義に則った理由があり、
同じ年齢くらいの男性がちゃんをつけて言う場合は上司につられて言う、
または気になっている女性に近づいてみたい、という心理が働いています。

 

下の名前で呼ぶのは好意がある証拠! 

 

これが発展していき、下の名前だけで言われた場合、
仲良くなりたいという男性の思いや、好意を持ち始めているという理由があります。

スポンサーリンク

男性は嫌いな女性であれば、下の名前を言うことに拒否感があるので、
下の名前を呼ばれるということは、その男性が女性に対して良い印象があり、
好きであるという感情がある、という証拠になります。

 

ですから呼ばれた女性はその男性が、特別な感情を持っている
ということを頭に入れておくと良いです。

 

自分の意見をしっかりと持ちましょう!

 

しかし、中には女性好きの男性がおり、いろんな女性に名前で話しかける人もいます。
そのような男性なのかどうかしっかりと見極める必要もあります。
また、名前を呼ばれて嫌な気分であれば、必ず相手に嫌ですと伝えておくことが大事です。
そうでなければ男性がエルカレートしてしまう場合があります。

 

下の名前を呼ぶ効果とは?  

 

男性は好きな女性がいると、身近に感じていたいため、名前で呼んでしまいます。
名前だけで呼ぶと不思議と男女間の心理的な距離が縮まる効果があるのです。
名前を呼ばれても大丈夫であるならば、お互いを名前で呼ぶことで、
親密度が高まっていきます。

 

すでにカップルであり、女性のことを名前で呼ぶ男性は、
女性のことが好きであるという意味なので、安心しておきましょう。
男性でどのようによばれるか、少しでもいいので注意してみると、
いろんな発見ができるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加