男性心理で下の名前の呼び方は結婚のサイン?呼び捨ては最上級の好意

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理で下の名前の呼び方は結婚のサイン」についてお話します。

 

今まで苗字で呼ばれていたのに、急に下の名前で呼ばれるようになった。
これは、好きな男性以外にされても意識してしまうシーンです。
では、相手の呼び方を名前に変える人の男性心理は
好意なのかそうではないのかご説明します。

 

親しさがステップアップした!

 

まずは単純に、親しさがステップアップしたと考えます。
初対面では苗字にさん付けで呼ぶ男性が多いですが、
友人になってもそのままというのは逆に不自然です。

 

そのため、「親しくなったから」という理由で呼び方を変えるというのが一般的です。
好きな女性相手の場合はかなり意識してしまう瞬間ですが、
友人という間柄ならそこまで意識せずに行う男性が多いです。
そのため、すでに友人という場合はあまり考える必要はありません。

 

男性心理で下の名前の呼び方は結婚のサイン?

 

苗字にさん付けで呼んでいる場合と
下の名前で呼んでいる場合では親しみやすさが全然違います。

 

そのため、もっと親しくなりたい、
あるいは本気で結婚を考えているからこそ
相手に対していわゆる呼び捨てを使うのです。

スポンサーリンク

すでにある程度親しくなっている場合とは異なり、
今後の展開を期待していることがわかります。

 

今後も一定の距離を置いて交際するのであれば、
いちいち下の名前で呼び捨てにする必要はありません。

 

その呼び方をあえて変えるというのは、
男性心理に何らかの進展があった時です。
それも、好意的に変化した時に起こる行動のため、
結婚のサインだとも期待できます。

 

名前で呼ばれないのは脈なし?

 

今まで苗字で呼んできた女性をいきなり名前で呼ぶというのは、
好意があればあるほどハードルが高くなります。
そのため、「名前で呼ばれないから脈なし」ということではありません。

 

単純にチャンスをうかがっている場合もあります。
また、名前で呼ぶ勇気が無いという男性もたくさんいます。
実際、好きな女性を初めて名前で呼ぶというのは、
男性からしたら非常に緊張する瞬間なのです。

 

もし彼から名前で呼ばれないと悩んでいても特に心配はいりません。
ある程度親しい間柄であれば、
自分から「そういえば名前で呼ばないね」と
きっかけを作ってあげれば良いだけなのです。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加