男性心理で自分の話ばかりする理由は貴女が好きで焦っているかも!?

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理で自分の話ばかりする理由」についてお話します。

 

会話というのは、自分と相手がいて初めて成り立ちます。
しかし、中には自分の話ばかりする男性というのも存在します。
また、急に自分の話ばかりするようになったというケースもあります。
困惑してしまうシーンですが、その理由を男性心理の観点からご説明します。

 

自分のアピールをしているという理由

 

自分の話をするというのは、自分のアピールをしているということです。
つまり、相手にもっと自分のことを知ってほしいという
気持ちがあるからこそ起こる行動なのです。

 

しかしこれが好意に全てつながるわけではありません。
急にこういう行動を取るようになったという場合は
好意を持たれている可能性が高くなりますが、
そうでない場合は元々自己アピールをしたいタイプの男性ということも考えられます。

 

こういったタイプの男性は同性異性関係無く自分の話をするので、
脈ありと判断するのは早いです。

スポンサーリンク

貴女が好きで焦ってしまっているという理由

 

自分のアピールばかりをするというのは、
自分に明確な長所が無い男性に限ってやってしまいがちな行動です。
つまり、焦りの感情から生まれる行動ということです。

 

もし誰が見ても魅力に満ち溢れている、
自分に自信がある男性ならそれをアピールする必要が無いからです。

 

そのため彼以外に貴女に好意を抱いている男性がいることを知っている、
つまりライバルがいる状況でこのアピールをする男性が多い傾向にあります。
これは、自分のことを認めてもらいたいという本能が働いていることがわかります。

 

女性との会話に慣れていないという理由

 

単純に女性との会話に慣れていない場合、
話題選びに困ってしまいつい自分の話ばかりになってしまうというケースもあります。
この場合、女性側から話題を提供することで判断することができます。

 

基本的に会話はキャッチボールといわれるものの、
それがうまくできない人は大勢います。
特に異性となると緊張してできなくなるというのも当然のことです。

 

そのため、こちらから話題を提供することで、ただ話に慣れていないだけなのか、
それとも自己アピールをしているのかを見極めることができます。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加