男性心理の恋愛意識とは対象の範囲内か絶対に無理かの2つだけ!

スポンサーリンク

ここでは、「男性心理の恋愛意識」についてお話します。

 

私のことを恋愛対象として意識してくれてる?

 

気になる人ができたら一番知りたいことは、
彼にとって自分はどのような存在であるかという事ですね。
人を好きになったら自分も相手にとっての、
特別な存在になりたいと願うのは当然の事です。

 

男性心理での恋愛対象のストライクゾーンは、
実は女性と比べるとずっと広いです。
もっと言うと、恋愛対象の範囲内か絶対に無理か、この2択です。

 

絶対に無理という事は相当性格が合わないという事。
そうであればきっと女性側もその男性に対して良い印象は持っていないはずです。

 

つまり今貴女が彼の事を気になっているという事であれば、
彼にとっても恋愛対象として、
意識することのできる相手というわけです。

 

彼に意識してもらうには?

 

彼にとっての恋愛範囲内であっても、
範囲が広いのであればそれだけでは意味がありませんよね。
恋愛対象である「特別な女性」として意識してもらわなくてはなりません。

 

そのためには貴女からアプローチをしていく必要があります。
まずはさりげない一言で「もしかして?」と意識を向けてもらいましょう。

 

私にもできるアプローチ?

 

異性へのアプローチとしてよく使われるのが「◯◯君って彼女いるの?」、
「◯◯君の彼女は幸せだね」「私が◯◯君の彼女ならこうするのに」
このような言葉ですね。

 

あからさますぎる!
と貴女は感じたかもしれませんが、そのあからさまな感じがいいのです。
男性は単純ですがとても鈍感な生き物です。

 

これまで恋愛の意識を持って接してきていない、
女性からのさりげないアプローチは気づかないまま、
その場を過ぎてしまうなんてことはよくあります。

 

そうならないためにもまずは彼への好意をさらけ出すつもりで、
アプローチすることがおすすめです。
彼に好意が伝わればさりげないアプローチを重ねていきましょう。

 

プライベートな悩みを打ち明ける、遠くから目線を送ってみるなど、
これまでの彼には伝わらなかったアプローチでも気付いてくれます。
男性心理を利用して、上手く彼から恋愛感情としての、
貴女への意識を引き出してくださいね。

 

・・・というわけで
貴女もこのカテゴリーの記事を読んで、
「男性心理の恋愛感情」に関して、お勉強をしてくださいね-☆

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加