40代バツイチの男性心理は結婚が全てではなく恋愛に臆病になっている

スポンサーリンク

ここでは、「40代バツイチの男性心理」についてお話します。

 

女性も男性もある程度年齢を重ねると、
それだけさまざまな経験を積むこととなります。
そのため、恋愛においても若い頃と全く同じというわけにはいきません。

 

中には結婚した後別れを選んだという方もいます。
そこで、40代バツイチ男性を例に男性心理をご紹介します。

 

結婚だけが全てでは無いと考えている人も!

 

一度別れを経験したことで、結婚に対して
ネガティブなイメージを持っている男性もいます。
実際、別れを経験している同士の場合、
結婚という形に縛られずに交際しているカップルも多いのです。

 

そのため、若い頃と比べてもっとラフに恋愛を楽しみたいと
考えている男性が多いと理解しておくと良いです。
これは、結婚に対して臆病になってしまっているとも考えられます。

 

誰だって同じ失敗を繰り返したくはないもの。
そのため、特に相手の女性が結婚を求めているという場合
過去と照らし合わせて臆病になってしまう方も多いのです。

スポンサーリンク

臆病になっている人が多い!

 

年齢を重ねると、恋愛に対して臆病になる男性が多いです。
女性は年齢を重ねてもアグレッシブな人が多いのですが、
案外男性の方が「自分の年齢で大丈夫だろうか」と
臆病になっているケースがよくみられます。

 

そのため、好意を抱いている相手に対してもアピールができなかったり、
あきらめてしまうケースがあります。

 

少しでも「彼は私のことが好きなのかも?」と思ったら、
貴女からのサインを出してあげないと、
そのままあきらめてしまうケースも多いので注意するようにしましょう。

 

逆に自信を手にする人もいる!

 

40代でバツイチ、恋愛に対して臆病になってしまう。
そんな方がいる一方で、逆に自信に満ち溢れている男性もいます。
別れを経験しても、その後に仕事などで成功を手にし、
自分に自信を持ったというケースです。

 

男性の場合は特に容姿よりも収入や経歴で自信を付ける人が多いため、
40代となると自分自身に高いプライドを持つ男性もいます。
バツイチですら別れという大きな経験だと判断しています。

 

こういった男性の場合、恋愛に対してもアグレッシブなため
自ら口説いてくる人も少なくはありません。
ただし、自信があるのは良いことでも強引となると話は別です。
実際、強引に口説いてくるタイプの男性も多いので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加