名前を呼ばないようになった男性心理とは恋愛感情が消えたからかも?

スポンサーリンク

ここでは、「名前を呼ばないようになった男性心理」についてお話します。

 

名前を呼ぶ男性心理とは?  

 

男性は女性の名前を呼ぶ際に、どんな基準をもっているのか、
女性のみなさんは考えたことがありますか?
学校や職場では苗字で呼ぶのが普通ですが、二人きりとなると、
ニックネーム、または名前で呼ぶのが普通になります。

 

しかし、この下の名前を呼べないという男性がいるのです。
どうしてなのか、今回はその謎についてお話してみることにしました。

 

今さら照れや恥ずかしさがまだある?  

 

まず、男性が付き合い始めた女性に対して呼ぶ際は下の名前を呼ばずに
苗字でいうという方は、人前であれば他の人に付き合っているという
事実を知られたくないからという恥ずかしい感情からわざと
苗字を呼んでいることが多いです。

 

しかし、二人きりの際でも名前を呼ばない理由には、照れが関係しています。
交際して間もないのであれば、まだ名前を呼ぶことになれていなく、
名前の代わりに「あのさ」や「ねえねえ」といった名前ではない方法で呼ぶ男性がいます。

 

また、このような男性は女性の名前をいうことに不慣れな方が多く、
男性の深層心理の中では恥ずかしくていえたものではないと思っているのです。

スポンサーリンク

また、あまり女性に好意を持っていない男性は、
名前を呼ぶ必要がないと考えているため、あえて呼ばないと考えている方もいます。

 

そのような方は特殊ですが、感情を伝えることと刺激をすること  
恥ずかしいと考えている男性に自分の名前を言わせるようにするには
どうしたらよいのでしょうか?

 

まずは自分の感情を伝えることです。
名前を呼んでほしいということをきちんと男性に伝えることで、
男性側が理解してくれて、徐々に名前を言ってくれる可能性が高まります。

 

また、男性の心理を刺激する方法として、
女性の自分から男性の名前をいうように心がけ、
それを毎日行うことで男性に対して女性の名前も言わなくてはならない
という圧力をかけていくことです。

 

そうすることで男性が名前をいう努力をしていきます。
名前を呼びあうということは、好意を助長させるものです。

 

なぜなら名前は一人の人間に与えられたものであり、
名前をいうことは相手を尊重しているという理由にもなります。
躊躇する男性がいたら、名前を呼べるように、お願いしておきましょう。

 

もしもカップルなのに名前を呼ばない時は?

 

最後に今まで下の名前で呼び合っていたカップルが、上の苗字で
「◯◯さん。」などと、二人きりの時でも、呼び合うようになってしまったのであれば、
貴女と彼の恋愛は、終わってしまったとしか、判断出来ませんね。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加